― 私たちの思い -

学院長

中村 美紀

『私の足を一生面倒見てね!』お客様のこの一言が私の人生を変えました。1985年ドイツ式フットケアなるものと出会いこれぞ天賦と感じ始めたころ、この一言が『このままではいけない!本国で学ぼう!』と決心させたのです。

5年間のドイツ生活は知識・技術に限らず大変実りあるものでしたが、両国間の足を取り巻く環境や法律の違いに“そのまま”を持ち帰ることが難しいことも知りました。そこで【ドイツのポドロギーを基にした日本で活かせるフットケア】として再構築したのが【JPポドロジー】のシステムです。サロンケアを永遠に繰り返すのではなく、お客様と二人三脚で健康な足を取り戻し、笑顔でトラブルから卒業していただく、これが【JPポドロジー】の考え方です。

アカデミーご卒業の皆様は医療・介護・美容・靴販売など幅広い分野で活躍されています。JPポドロジーはフットケアのプロフェッショナルを目指す方を全力でサポートします。

東京本校 講師

伴野 真希

東京本校 講師

宮野 涼子

大阪校 校長

白井 亜弥

富山校 校長

奥野 瑠美

福岡校 校長

松﨑 加奈子

横浜校 校長

山本 瑞穂

Hellmt Ruck Gmbh 社長

ヘルムート・ルック

Hellmut RUCK社は創業80年のドイツのフットケア企業です。私は3代目ですが、初代からドイツのフットケアの教育体系、法制度、国家資格制度など様々なことに携わってきました。Frau中村と出会ってからおよそ20年、両国間の法律や環境の違いに柔軟に対応し、ドイツのフットケアを日本に紹介してくれていることを心から喜んでいます。