ニュース & トピックス

ドイツ研修ツアー
 
2015年度ドイツ研修ツアーを実施いたしました。
 
 
 研修旅行内容 
 
■ノイエンブルグポドロギーシューレでの理論と実技の研修(修了証発行)
 Demonstration und Theorie durch Frau Bauer
   ORTOGRIP professional / Referent Frau Bauer
■提携病院の糖尿・足外来でのホスピテーション
   Diabetologie und Infektiologie - Frau Dr. Born
■観光・自由行動
 
 

 「第12回日本フットケア学会 久留米セミナー

 フットケアセラピストによるフットケア体験ブース」が

 2015年10月24日(土) 石橋文化センターにて開催されました。

 

 このセミナーにアカデミーのご卒業生4名が参加されました。

 

  西澤 大恵さん 【JPポドロジー認定インストラクター】

  中村 恭子さん 【JPポドロジー認定インストラクター】

  小野 めぐみさん 【JPポドロジスト プロフェッショナル】

  真屋 さおりさん  【JPポドロジスト ベーシック】

 

 また、当校の前身である【ルック・ポドロジースクール】のご卒業生も

 何人か参加されています。ディプロマをご取得いただいた方々が全国で

 ご活躍くださっている大変うれしいご報告でした。

 
 
 
整形外科医・奥田実佐子医師の紹介です。

 

奥田実佐子医師のプロフィール

 

東京女子医大医学部卒業

東京女子医大リウマチ痛風センター整形外科、東京女子医大第二病院整形外科、

聖マリアンナ医大整形外科を経て2015年1月東銀座ウエルズクリニック勤務

 

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

日本体育協会認定スポーツドクター

日本温泉気候物理医学会温泉療法医

 

快適に歩くことは体や心に良い影響を与えますし、健康的に齢を重ねることにもつながります。

お気に入りの靴をはいて快適に歩行したいと、皆様思っていおられることと思います。

ですが、気に入って購入したとしても足に合わずに結局お蔵入りになってしまったりする経験が

あると思います。

いつも疑問に思っていたことなのですが、「なぜお気に入りの靴で機能的にも良いものに巡り

合わないのか」ということでした。

私だけでなく皆さまも自身の足にぴったり合うお気に入りの靴に出逢いたいと願っていることと

思います。

なんとかならないかと思い悩んでいたところに出逢ったのが中村先生のJPポドロジーでした。

一般的な整形外科で作製しているインソールとは違った手法のアーチサポートを中村先生が

ドイツの義肢装具材料をもとに世界で初めて考案されたアーチサポートの技術を知ったとき

目から鱗だったことを覚えています。

これからはもう靴に悩まずにおしゃれができると感激したしだいです。

お気に入りの靴に工夫をこらしたり、定期的に正しい足のケアをすることによっていくつになっても足のおしゃれを楽しめますし、足のトラブルを予防したりまたトラブルをリバウンドさせないという頼もしい技術を有しているJPポドロジーはもっともっと広がっていくべきだと思いました。

JPポドロジーでは、胼胝、鶏眼、陥入爪などの一般的な皮膚・爪ケアにとどまらず、足のプロポーションにまで着目し、足本来の働きとトラブル知らずの健康的な足を取り戻し維持することを目標にかかげています。

JPポドロジーのコンセプトはこれからの医療現場にも大きな影響を与えるものだと思っておりますし、世の中にどんどん浸透していってほしいものです。

 

またJPポドロジーは人材育成にも力を入れており、ご講義で生徒さん一人ひとりに解剖学から機能的な内容まで丁寧に分かりやすくご指導されています。私自身ご講義を拝見いたしましたが生徒の皆さまも楽しそうに熱心に学ばれていたことが印象的でした。

 

ひとりでも多くの方々に歩く喜びを体感していただきたいという中村先生の情熱と、人を大切にするお姿とお人柄に共感し、このたび中村先生のプロジェクトに参加させていただくことになりました。

これからノアール・ブラン、アカデミーの皆さまと共に世の中にお役に立てるよりよいフットケアライフを送れたらと願っております。