top of page
  • academy

ご卒業生サポート制度 出張爪切り実習

更新日:4月1日

下和佐直美さん


看護師

倉病院 勤務


アカデミーではご卒業生・ご受講生の皆様のためのサポート制度を様々用意しております。

その一つが「出張爪切り実習」です。



大阪では2ヶ月に1度、高槻市の高齢者施設に「出張爪切り実習」を利用してご卒業生が

爪切りに訪問しています。


看護師として病院勤務される直美さんは、初回からずっと参加くださっているお一人です。

「出張爪切り実習」のお話を聞かせてくださいました。





フットケアをする機会のない方、

トラブルケアしたい方、出張ケアの実際が見たい方・・・皆さんにおすすめ!


ーーー出張爪切り実習の様子を教えてください。


「厚くて硬い爪や、巻き爪などで変形している爪、足裏がタコや魚の目の方がおられます。

トラブルのある爪や角質を施術したい方にお勧めします。


どうやって切って良いのか分からない爪もありますが

引率の先生に聞きアドバイスをもらってから切るようにしています。

すぐ側にいてくださるので安心して施術できます。」



みんなで明るい雰囲気にするように心がけています

時間内に施術を終わらせる難しさも実感


―ーー第1回目からご参加くださり、出張爪切り実習をともに盛り上げてくださる直美さん

ずばり、教えてください! 

リピーターの方のお爪の変化は見られますか?


「繰り返し施術することで爪が正常に生えてきています。


初回から参加させてもらってますが、

リピーターの方の爪は以前に整えられているので切りやすいです。」






―ーーこの実習で得られたことやこれから習得したいと思うことはありますか。


「フットケアの技術や施術はもちろんですが、接遇も自然と身に付きます。


その一方、時間内に施術を終わらせる難しさを実感しています。


多くの爪や角質を施術させてもらうことで、

時間内に相手も自分も満足のいく施術ができるようになりたいです。



認知症があって爪切りを最初は拒否される方もいらっしゃいますが、

みんなで明るい雰囲気にするように心がけています。

最初は嫌がっていた方も、終わった後にはありがとうと言って帰って行かれます。」



一生学べる機会を得られた・JPポドロジーをどう活かすか



ーーーご受講して役に立ったこと、印象に残ったことを教えてください。


「スクール卒業後もこの出張爪切り実習などを通して他の卒業生との交流が持てます。

スキルアップセミナーなども充実しており、一生学べる機会を得られたと思います。」



ーーー今後JPポドロジーをどのように活かしたいですか。


「卒業してからも、爪や角質トラブルをお持ちの方が意外と多いというのがわかりました。

自分で足の爪が切れない方や爪や角質のトラブルをお持ちの方に、専門的な施術やその方に合ったフットケアを提供できるようになりたいです。」




閲覧数:180回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page